ソファに座る人

身の丈にあった物件が一番ですね

赤い部屋

私たち夫婦には子供がいないので、子供にお金がかからず、特にこれといった趣味もないため若いうちに分譲マンションを購入しました。
夫婦二人だけなので、最低限の間取りがあればよいので、価格もそこそこで抑えることが出来、現在ではローンの支払も終わっています。
なので、マンションの維持に関わる費用、例えば修繕積立金や固定資産税の支払い位が必要なだけで、経済的な負担は軽いと言えます。
子供がいないことが幸いしましたが、もしも、マンションを購入する時に欲張って、身の丈以上の物件を選んでいたとしたら、いまだにローンの支払いに追われていたかもしれません。
あるいは、ローンの支払いに窮し、マンション自体を手放して、どこかの賃貸マンションに身を寄せていたかもしれません。
20~30年という長いスパンで見てみると、予測の付かない出来事が起こるもので、それに備えた、人生設計を構築しておくべきであることを身をもって体験しました。
普通の個人が、不動産物件を投資の対象にするのは、やはりリスクが大きすぎます。
まずは日頃の生活や暮らしが第一であって、そこに影響のない程度であれば多少のギャンブルも許されるとは思いますが、人生の根幹を揺るがすような大きな賭けはすべきではないですね。
狭いマンションではありますが、身の丈にあった物件ですので、私達夫婦には満足です。


ニュース

賃貸と一戸建てのメリットとデメリット

赤いソファ

賃貸住宅に住むか、思い切って一戸建てを建てるか悩む人は多いと思います。できれば、持ち家があるといいと思っても経済的に苦しいという事…

もっと読む

身の丈にあった物件が一番ですね

赤い部屋

私たち夫婦には子供がいないので、子供にお金がかからず、特にこれといった趣味もないため若いうちに分譲マンションを購入しました。…

もっと読む